「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気

2019年01月3日

『宇宙戦艦ヤマト』というアニメがあることは知っているが、きちんと観たことはなく、ましてやそれを作った人については全然知りませんでした。かなり凶暴な人物でもともとアニメ業界の人間でもなかったというような話を聞いて、興味を持ちました。

それで『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』を読みました。非常にアグレッシブな人物で面白かったです。牧歌的なアニメ業界に殴り込んできて、戦艦大和がテーマのアニメを作るぞ、と乱暴に人を集め、金を集め、交渉してビジネスとして成功させていく。それから覚醒剤所持で捕まり、ピストルやロケットランチャーの所持が見つかり銃刀法違反で再度捕まり、海に転落して死ぬまでがいろんな人の証言で記されてます。

その手段を問わなさがすごい。良い作品を作るために必要だと思う人間を見つけたら、どんな手を使ってでも連れてくる。自分はアニメの素人などとは考えない。女を抱かせ、酒を飲ませ、金を握るというかなり昭和感あふれるマインドセットながら、仕事への貪欲さ、やりきる力は見習うべきものがあるなという感じ。

以下、メモ。

私としても、このような凶暴な精神は見習って貪欲に努力していきたいと思います。


「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気